FX取引は税金がかかります!

FX会社総合口コミ比較≪2018年人気おすすめランキング≫

FX会社総合口コミ比較≪2018年人気おすすめランキング≫

FX取引は税金がかかります!

投資を行いたいと考えている場合、まずFX取引を検討する方も多いでしょう。FX取引を行うと税金がかかるので、そこはしっかり意識しておかねばなりません。まず、FXと税金との関係をきちんと理解するため、いくつかご紹介します。

 

FX取引したら確定申告は必要?

女性

年に1度は確定申告をする時期があります。会社勤務している方は会社の方で行うので、あまり馴染みがないかもれませんが、医療費控除やふるさと納税など利用した場合、確定申告を行ったというケースもあります。FXも同様に確定申告が必要になるため、少額しか稼いでいない、損しかしていないので確定申告はしなくて良い!と判断するは間違えになります。

 

確定申告をしないと、余計な税金を取られることになるため、きちんと手続きを行うことは重要です。FXで出た利益に関しては雑所得として判断されます。

 

FXの利益に対して20.315%の税金がかかり、所得税・住民税・復興特別所得税が含まれています。なので、FXを始める前に雑所得となることを理解した上でスタートすべきです。

 

FXでの所得の確定申告のポイントとは?

ポイントの紙

 

FX取引をする場合、確定申告をするのに越したことはないですが、利益や損失があれば直され注意が必要です!そこで、正しく確定申告するための目安を把握しておきましょう。FXでの所得が20万円を超えた場合と38万円を超えた場合は注意が必要になります。

 

FX収入が20万円を超え、申告義務の対象となるケースは、給与所得が2000万円以下の会社員・年金収入が400万円以下の年金生活者です。FX収入が38万円を超え、申告義務の対象になるケースは、自営業者・フリーランス・主婦(夫)・学生です。

 

どちらも対象となる収入の超えた段階で課税対象になります。20万円以下や38万円以下の場合は、申告義務の対象にならないので、確定申告の手続き対象からから外れることになります。

 

きちんと確定申告のポイントを押さえておくことで、上手にFX取引ができ、利益が出た時の目安など把握することで確定申告時にもスムーズに手続きができるようになり、上手にFX取引を行うことができます。

 

FX取引時に発生した経費は確定申告の対象?

電卓

 

FX取引を開始する際に、パソコン・液晶モニターを新調したり、FXのセミナーへ参加・参考書籍代・インターネット接続料などの設備代や電気代は、計上することができます。FX取引時に必要になった分だけを算出する必要があり、全額ではないです。

 

実際に必要になった経費分は、FX所得から経費として差し引くことができるので、この概念を頭の中にいれておけば、確定申告時の節税対策として活用することができます。

 

きちんとFX取引を行う場合、環境の設備や参考資料・セミナー参加など幅広く知識を増やす必要もあるため、そうしたFXに関する費用に関しては、きちんとレシートを取っておく必要があります。そすうることで、しっかりと計画的にやりくりができるようになり、FX取引で得た利益分から経費として節税対策ができるので、手続きする際にはレシートや領収書の提出が必要になります。

 

FX取引で損失がある場合も確定申告すべき?

男性とパソコン

 

FX取引で損失がある場合、確定申告した方がよいか、そのまま何もしなくてよいのか迷う方も多いはずです。損した分は特に確定申告しなくてもよいだろうと思い、そのまま何もしないケースも多々あります。FX取引で利益を出した人のみではなく、損した場合も確定申告の手続きをした方がお得になります。

 

FXには繰越控除が適用されるため、確定申告の手続きが面倒でもきちんと手続きしておくべきです。繰越控除とは、損失を3年間持ち越して、利益と相殺できる仕組みなので利用した方が断然お得です!繰越控除制度を利用することで、損失を確定申告した年から3年間有効になります。

 

利益が上がらなかった年も確定申告することで、翌年にFX取引にて利益が出た分と合わせて相殺されるので、納める税額を大きく減らすことが可能になります。後々の利益のためにも損失分の確定申告の手続きをきちんとしておいたほうが税制面で得をすると言えます。

 

FX取引は利益にかかわらず確定申告はしたほうがよい?

グラフと模型

 

FX取引を行う場合、やはり利益があった場合と損失になった場合、両方において、きちんと確定申告をしておいた方が有利になると言えます。FXの所得にも税金がかかるため、面倒だな〜と感じても確定申告をすることで、税金面の控除を受けたり、きちんと処理されます。一定以上の利益があった場合に必ず行う必要があります。

 

損失を出した年も、確定申告を行うことで、3年間の繰越控除制度が適用されますし、FX取引を行う際に参加したセミナーや参考資料・パソコンや液晶モニターの購入など、様々な経費に関しても確定申告することで節税につながります。

 

FX取引時の利益として確定申告基準は、20万円超または38万円超がポイントとなると認識しておくべきです。利益の有無にかかわらず、確定申告を怠ると、脱税行為とみなされるケースがあるため、該当した場合は、無申告加算税が追加されるので、税金を課税されないように、必ず期日までに確定申告を済ませましょう!