FX会社総合口コミ比較≪2018年人気おすすめランキング≫

FX会社総合口コミ比較≪2018年人気おすすめランキング≫

FX会社総合口コミ比較≪2018年人気おすすめランキング≫

FXでなぜ一攫千金になる人と破産する人がいるのか?

FXは数年前から流行っている投資ですので、この記事を読んでいるあなたは、きっとFXという言葉を聞いたことがあると思います。FXは雑誌などの記事でもよく取り上げられていますので、きっとこんな記事を読んだことがあると思います。「主婦がFXで1億円稼いだ。」、このような記事を読むと、FXは誰でも簡単に、たくさん稼げると思ってしまいます。しかし、その一方では、「FXで自己破産した。」などという記事や話もあります。これでは、FXは投資というよりも、ギャンブルというような感じがしますね。

それでは、FXはギャンブルのように一攫千金を狙う、リスクの高い投資なのでしょうか?答えはイエスでもあり、ノーでもあります。FXがギャンブルのようになってしまうのは、FXのある手法のためなのです。その手法を上手く使いこなせば、一攫千金も夢ではありませんし、その逆に破産してしまうことさえあるのです。

FXで一攫千金と破産をもららす手法とは、一体何なのでしょうか?それは、レバレッジと呼ばれるものです。レバレッジとは、てこのことで、小学校の理科や中学校の物理の時間に習ったてこの原理のあのてこのことです。てこの原理は、あの原理を使うことで、数倍も重い物を動かすことができました。

FXのてこの原理(レバレッジ)は、何倍もの資金を運用ができます。どういうことかというと、証拠金というあなたが預け入れたお金を担保にして、その数倍もの資金を借り入れて運用することができます。例を挙げて具体的に説明します。あなたが10万円の証拠金を担保にレバレッジを10倍かけたとします。すると、あなたは10万円の10倍である100万円を運用できます。それで運用した利益は、10万円で運用した時の利益の10倍になりますよね?これがレバレッジです。

しかし、もし相場が反対に動いて損をした場合はどうなるのでしょうか?当然、損も10倍になります。

このレバレッジが、FXで一攫千金をもらすのと同時に、破産にまで追い込んでしまうのです。投資には絶対はありません。レバレッジをかけすぎた、リスクの高い運用は控えましょう。