FX会社総合口コミ比較≪2018年人気おすすめランキング≫

FX会社総合口コミ比較≪2018年人気おすすめランキング≫

FX会社総合口コミ比較≪2018年人気おすすめランキング≫

FX取引で、初心者は先ずリスクの回避を、

読了までの目安時間:約 3分

FX取引で、初心者は先ずリスクの回避を、
FXというのはForeign eXchange(通貨交換)の略語で、各国のお金同士を等価交換して、その時の変動値、変動幅を目論んで利益を出そうというものです。
取引にあたっては、お金であっても通常の銀行の取引とはことなり、取引専門の業者が代理として行っているもので、其のためには、口座を作って其の中に証拠金よか元金(手元資金)と言われる金額を一旦預けて、その後に取引を行うものです。

国同士の通貨の変動というのは、毎日のニュース番組でも公表されていますが、其の値動き、レートの変動幅というのはそんなに大幅なものではなく、一般には日本の場合は円単位の通貨ですが、実際の変動は「銭」(100分の1円)単位ということになります。
しかし、それでは毎日のFX取引上では少額では妙味が生まれません。

実際の取引では少額ではなく、万とか10万円単位で取引することになります。 此の取引において金額的な制限はありません。 しかし取引に際しては、口座の預入金額、即ち、取引証拠金の倍数制限があります。
例えば、少額取引を主としている証拠金が少ない人は1万から10万円単位に、又、大口取引を専門にしている人は10万から100万単位で証拠金を預け、其れを元の証拠金の倍数
で取引をスルことが出来るのです。 即ち、取引上は金額に制限はないが、倍数に制限が有るということです。

この証拠金である投資資金の最大では、法令で定められている倍数が25倍までと決められ、取引が可能とされています。 つまり、1万円の手元資金があればで25万円の取引が可能であり、100万円あれば2500万円まで取引が可能ということになります。 此の取引手法を「レバリッジ」と称しています。

それでも、初心者がFXを始めようとする時、いきなり高い倍率、即ち最大範囲の25倍の倍率でレバレッジを掛けて取引するのはチョット危険とも言えます。 初心者は先ず、当初は大きな利益を求めず、少量でも着実に利益を求めるような仕方をするべきでしょう。
先ずは、証拠金の金額にもよりますが、倍率の低い1から5倍あたりの低レベルのレバレッジで取引を始める事が必要でしょう。
勿論、取引ですから損出も生じます。 この時はたとえ損をしても少額で済みますし、そして段々に慣れてきてから、少しずつ高金額いの取引を目指し、利益を得るようにしたほうが無難だと思います。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: